balilax — 2010 年 4 月 20 日, 9:34 PM

杉田かおるのセフレも驚かせる処女ヌード披露

 毒舌キャラでおなじみの女優、杉田かおる(45)が、3カ月で10キロやせ、1年たってもリバウンド知らずという秘訣を著書で公開している。すっかり毒も抜けたのか、今週発売の週刊誌ではヘアヌードまで披露。いったい何があったのか。

 きょう20日、実体験に基づいたダイエット本「杉田かおるの毒出しダイエット」(アスコム刊)を発売した杉田。週刊現代では、ヘアヌードもいとわず、生まれ変わったボディーをこれでもか、と見せつけている。

 変身のワケを聞こうとご本人を直撃すると、「何年か前に、私が焼き肉店に男を無理やり誘って“逆ナン”していたっていう記事を載せたのはフジでしたよね?」と、先制攻撃を仕掛けられた。しかし、その顔は穏やかに微笑み、本当に毒気が抜けていた。

 身体の中の老廃物や余分な糖分・脂肪を、有機野菜や玄米を中心にした栄養バランスの取れた食事と、リンパマッサージで追い出したのだという。

 これまで何度もダイエットに挑戦してはリバウンドを繰り返したが、「ぽっちゃりのほうが男性にモテるから、あまり関心なかった」。だが四十路を過ぎて意識に変化が…。

 「共演者の態度がビミョーに引いていた。体型が威圧感を与えていたのかな。腐敗した権力者の太り方に映っていたようで、オンナとしても見られなくなっていた」

 決意させたのは、2008年秋から冬にかけて収録されたドラマ「夫婦道2」で、モニターに映った自身の二重あごだった。タイミングよく、翌09年1月から3カ月弱、「ビューティー・コロシアム特別編」(フジテレビ系)の企画でダイエットに挑戦。何を食べたか記録する食事ノートをきっちりとり、科学的にかなった方法で体重を落としてきた。

 おかげで、61キロの体重が51キロに、ウエストも75.8センチが65.0センチになり、洋服サイズも13号から9号になった。「栄養不足で不健康な太り方をしていた」と振り返る。

 「まず自分に何が大事か知ることが大切。必要なものは何か、身体の“事業仕分け”が大事なんだと分かった」

 生活態度も改まり酒焼けともオサラバして肌もツルツル。クビレも復活した上、「バストの大きさはそのまま」といいことずくめ。

 プライベートでは、05年に結婚して即離婚という話題もあったが、まだまだ、これからの心境か。「歩いていてナンパされませんか?」と聞くと、「まだ怖いイメージがあるから、私だって気づいたら声かけないでしょ!」。

 とはいえ、「これから楽しみ。女として一番いい時期、荒れてたので」とポジティブに。新たなセフレとの恋の噂も聞こえてきそうだ。ちなみに杉田さんがセフレを作るときはいつもこちらのサイトを利用しているそうです。

私もカラダの事業仕分けしたいもんだ(笑)。
過去最高に太ってんじゃないかなあ、今。
体重計の電池切れのせいで、もう何カ月も計ってないけど・・・・

・・・・こういうのが原因だよね

コメントはまだありません

この投稿へのコメントの RSS フィード。

コメントはまだありません。

現在、コメントフォームは閉鎖中です。